【週間東亜]徳野英治世界平和統一家庭連合日本会長「韓日海底トンネルの建設に葛藤解決しよう」

FFWPU(韓国)ホームページ>プレス



【週間東亜]徳野英治世界平和統一家庭連合日本会長「韓日海底トンネルの建設に葛藤解決しよう」

国際結婚で結ばれた日韓7000家庭の中で1200家庭が「ヒョブサン」を受賞



日本の世界平和統一家庭連合(家庭連合)会員数は約60万人で、宗主国である韓国より多い。韓国で始まった家庭連合が日本でより復興し定着することができた秘訣は何だろうか。10月5日午後、名古屋キャッスルホテル1階のコーヒーショップでドクターノーエイジ家庭連合、日本会長に会って日本の家庭連合の現状と韓日関係の改善にどのような努力が必要なのか意見を聞いた。


日本の家庭連合の教勢がどの程度だろうか。


「コアメンバーは、20万人、賛同する会員まで合わせれば60万人程度になります。会員が韓国より多いです。日本の家庭連合は5つの地区、67教区、300の教会があり、今回の名古屋大会では3地区の行事です。 」

5つの地域、67の教区、300個の教会


韓国より教勢が大きくなった背景が何ですか。


「日本は、キリスト教ベースが強くない。家庭連合に反対するキリスト教系牧師がありません。そして、故文鮮明総裁が1968年に日本で共産主義のための闘争と勝共運動を宣言した後、教勢が大きくなりました。当時、日本はマルクス-レーニン主義を知らなければ昔の人扱いを受けるように運動圏の学生を中心に共産主義思想が大きく広がるし、共産化される危険性がある状況でした。この時、家庭連合は多くの迫害を受けながらも、継続的に共産主義思想の中で何が間違ってたのか発表して会話もたくさんしました。勝共連合の背後にある家庭連合があり、文総裁が韓国で始まった団体であることを知りながらも、歴代自民党幹部は勝共連合が必要だと思いました。共産主義を防ぐには勝共連合が必要と認めたのです。」


韓日両国の葛藤が激化する現時点で日本の家庭連合が日韓関係復元のために努力する計画はありませんか。


徳野会長は質問に即答する代わりに、過去文総裁の逸話を紹介した。


「文総裁は敵のように思った日本を許しました。1943年早稲田大学を卒業して韓国に帰国した後、独立運動をしたという容疑で、日本の警察に拷問をされたりしました。1945年8月15日の光復を非難韓国国民は、日本の警察を捕まえて復讐しようとしました。その文総裁は自身も日本の警察に拷問を受けたにもかかわらず、「今、日本の警察に復讐すれば、後で日本も復讐しようとしてくるだろう。だから、復讐せず許そう」と引き止めました。文総裁が敵の国、日本まで許す様子を見ながら、多くの日本人が感動を受けました。「この方は、敵まで愛する人だな。本当に尊敬できる人だな」という考えに原理のみ言葉を聞いて会員になった日本人が多いです。私も勝共連合が生じた後3年ほどして、1971年に文総裁の話を聞いて感動を受け入信しました。文総裁は「日韓は歴史的に困難な関係と、いつか戦うしかない状況になることができる」とし、韓国と日本の男女が結婚で結ばなければなら戦わず和解することができると見て、積極的に国際結婚を準備しました。現在、韓国に住んでいる日韓、日韓の家庭が7000組、日本に住んでいる日韓、日韓の家庭が3000組で1万組程度になります。韓日関係を解決するために、今後も国際結婚を多く行う予定です。」


「韓日青年文化交流の機会多くなる」


10月5日、名古屋キャッスルホテルで開かれたジャパンサミットと指導者会議の。 10月6日、名古屋愛知スカイエキスポで開かれた「ヒョジョン文化祝福フェスティバル名古屋4万人大会」(左から)。[グジャホン記者、写真

徳野会長は、国際結婚を通じて韓日、日韓家をより多く排出することに加えて「韓日海底トンネル」の建設の必要性を力説した。


「韓国と日本が海底トンネルを作成すると、フランスとイギリスのように自然に交流、協力する関係になることがあります。私は韓日問題を解決しようと国際ハイウェイ財団会長も務めています。今、日本には、各県ごとに、日韓トンネル推進県民会議があります。家庭連合のメンバーが指導するのではなく、県で自発的に国会議員、市会議員、県議らが中心になって、韓日海底トンネルを作ろうと組織したもので、現在47県にあります。また、日本国家レベルで推進する韓日トンネル推進全国会議もあります。先日、日韓軍事情報保護協定終了とホワイト国リストを除く決定の撤回を議論した韓国でイ・ナギョン首相に会った河村建夫日韓議員連盟幹事長(前官房長官)が、日韓トンネル推進全国会議顧問です。これからムン・ジェイン大統領と安倍晋三首相が首脳会談をするとき、韓日海底トンネル案件についての議論を開始して欲しいものです。」


韓日、日韓家庭の中で、お互いの課題を克服するために協力してくれヒューマンストーリーがありますか。


「早稲田大や慶應義塾大学を卒業した女性が国際結婚で韓国の田舎の村に嫁いで丁寧に両親を祀る姿を見て嬉しかったという話を聞きました。ある嫁は韓国語が下手で「よくヌイ」という挨拶を「よく死になさい」と発音して驚かせたが回復した。しかし、この女性は、夫の両親をよく供養して自治体でくれる孝父賞を受けました。7000家庭の中で1200家庭が国や道・市・郡でくれる孝父賞を受けたほど、韓国で嫁いだ日本人嫁が夫の両親に丹念に仕えています。日本人の妻が韓国で婦女会長を務め、活動、生活の中で、韓国国民とガカウォジリョ努力していることもあります。日本に来た韓国人の妻たちも両親を大切に祀る伝統があります。韓国人嫁たちも、日本でもすごくいいです。日本の女性よりも親孝行する韓国人嫁がいい人も多いです。親に孝行する韓国と日本の良さを生かしたならば、歴史的な葛藤もまた解くことができるきっかけになるとします。」


日本の家庭連合は今後どのような活動を計画していますか。


「未来の主役である青年大会をよく組織して教勢を拡大することができるように努力しています。先日、大阪で1万人の青年大会をし、名古屋、東京でも1万人の青年大会を準備中です。特に日本の若者たちは、K-POP(K-pop)と韓国ドラマが好きで韓国文化に対する拒否感がありません。韓国の若者も日本の漫画を楽しむ人が多いです。日韓の若者が文化を媒介に、より多くのコミュニケーションできる機会も提供する予定です。」..... [続きを原文で読む]




にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ