アルバニアで「真の家庭祝福祝祭および平和祝福式」


Southeast Europe Peace Summit 2019 開会式



天一国7年天暦9月27~29日(陽10月25~27日)アルバニア共和国の首都ティラナの議員会館で「東南ヨーロッパの平和・安保・人類発展」をテーマに「東南ヨーロッパ平和サミット」が開催されました。


天宙平和連合(UPF)主催の同サミットは、アルバニア首相の後援と、前職大統領らが多数所属する「ポドゴリツァ・クラブ」の協力により実現。アルバニアをはじめ、セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナなど50ヶ国から前・現職大統領及び首相16人、前・現職国会議長7人のほか、国務大臣や、国会議員、宗教指導者など、約2500人が参加しました。


古代より宗教、民族の複雑な対立があり、第一次世界大戦勃発の要因のひとつとなった「ヨーロッパの火薬庫」とも言われるバルカン半島。その地で平和サミットが開催されたことはアルバニアで多くの注目を集め、公共放送「RTSH」をはじめ15の放送局で全国放送され、そのうち7局は生中継しました。


<続きを原文で読む>



アルバニアで「真の家庭祝福祝祭および平和祝福式」


「アルバニア 真の家庭祝福祝祭および平和祝福式」が10月27日午後3時(現地時間)から同国議会ホールで挙行され、祝福を受けた1万12000組のカップルの代表家庭1200組を含む約3000人が参席しました。


祝福式は女性歌手2人による式前公演にはじまり、アルバニアの家庭連合会長夫妻の主導のもとで聖酒式が行われました。人間始祖の堕落によって生じた原罪を清算し、天の父母様の血統に連結させる式を通して、お互いに永遠なる真の愛を誓いました。


真の父母様ご聖誕100周年とご聖婚60周年を記念して、真のお父様が16歳のときに作られた詩「栄光の王冠」を著名なアルバニア人俳優、ブジャール・アスケリウ氏が朗読。100作以上の映画に出演してきた名優が真のお父様の詩情を声と表情に乗せて感動的に読み上げると、会場からは歓声と拍手が沸き起こりました。


<続きを原文で読む>