ユニバーサルバレエ団、故文鮮明総裁生誕100周年スペシャルガラ

ユニバーサルバレエ団故文鮮明総裁生誕100周年スペシャルガラ



[アジア経済バクビョンフイ記者]ユニバーサルバレエ団が「ファウンダー文鮮明総裁生誕100周年記念「憲政の意味を込めた「スペシャルガラ」の舞台を来月8〜9日、ソウル広津区ユニバーサルアートセンターで披露する。


ユニバーサルバレエ団はバレエ団所属の最高主役ダンサーたちと一緒に海外の舞台で活躍中のバレエスターを招待古典名作のハイライトとコンテンポラリーバレエを多彩に披露する予定だ。


前サンフランシスコバレエ団首席ダンサールチアトカラーは、元英国ロイヤルバレエ団首席ダンサーとして2018年に「ジゼル」でアルブレヒト役で韓国の観客に深い印象を与えたマシューゴルディン、シュトゥットガルトバレエ団首席舞踊家ガンヒョジョンとジェイソン・ライリー、2017年の「くるみ割り人形」の上級ダンサーホン??と呼吸を合わせた、オランダ国立バレエ団首席チェヨウンギュが出演する。これらと一緒にガンミソン、コンスタンチン・ノボセロフ、ソンユフイ、イヒョンジュン、チェジウォン、イドンタクなどユニバーサルバレエ団最上級主役ダンサーたちが一緒にして華麗な技量と演技を披露する予定だ。


ルチアトカラーとマシューゴルディンは「白鳥の湖」の白鳥パドゥドゥェと国内初の見える感覚的なモダン作品「パインディンライト(Finding Light)」を通じてスペシャルガラのハイライト舞台を飾る。パインディンライトは1部の第三の順序で、白鳥パドゥドゥェは2部の公演の最初の手順で公演する予定だ。


ガンヒョジョンとジェイソン・ライリーは、ジョンクランコの「オネーギン」の悔恨のパドゥドゥェと「ロミオとジュリエット」のバルコニーパドゥドゥェを公演する。ホン??とチェヨウンギュは「ドンキホーテ」グランパドゥドゥェと「ヴェネツィアのカーニバル」を披露する。


ガンミソンとイヒョンジュンは、ユニバーサルバレエ団のシグネチャー作品である「バレエ春香」の邂逅パドゥドゥェを公演し、外国人初の韓国バレエ協会あたりダプシェールノーブル(Danseur Noble)賞を受けたコンスタンチン・ノボセロフとソンユフイは「眠れる森の美女」グランパドゥドゥェを一緒にする。


ユニバーサルバレエ団首席舞踊家イドンタクとソリストチェジウォンは「ルース、李コーディネートファー二に(RUTH、Ricordi Per Due)」を新たに導入する。「ルース、李コーディネートパー二の」は、米国ジョーフリーバレエ団を設立した現代舞踊の先駆者ジェラルドアルピノの最後の新古典主義の作品である。


故・文鮮明総裁は、1984年にバレエ不毛の地だった韓国に初の民間職業バレエのユニバーサルバレエ団を創立して、韓国バレエの地位を高めて普及するのに貢献した。


創立36年を迎えたユニバーサルバレエ団の「スペシャルガラ」は創設者の崇高な志を噛み締め、維持を継承し発展的な未来を約束する意義がある。ユニバーサルバレエ団を中心に仙和アート学校、ユニバーサルバレエアカデミー、ワシントンキーロフバレエアカデミーを通じて排出された「ユニバーサル師団」が今回の舞台をいっぱいに満たす予定である。


ムンフンスク団長は「今回のスペシャルガラは創設者の生誕を記念トリビュート公演で、過去35年の岩の上に、より良い未来に進むためのきっかけを作ろうと企画した公演だ。これからも、ユニバーサルバレエ団は創設者の文化芸術の崇高な維持をサーブ韓国の文化芸術をドゥノプイルことができる最高のバレエ名家になるように最善を尽くした」と抱負を伝えた。