ムンフンスク(Julia H. Moon)ユニバーサルバレエ団団長バレエ先進国振り... 「永遠のジゼル」


ムンフンスク(Julia H. Moon)ユニバーサルバレエ団団長バレエ先進国振り... 「永遠のジゼル」

「小さな地域団体の育成と生活の芸術位置づけ、韓国バレエも成長 」


編集者
韓国の1世代バレリーナ、ロシアマリインスキー劇場でカーテンコールを7回受けた最初の東洋人バレリーナムンフンスク(ジュリアンムン)。舞台から降りた後、ムン団長はバレエのトップ国であるフランスで公演を成功裏に終えた。世界有数の国際バレエコンクールで審査員を務めていることもありした彼女の率いるユニバーサルバレエ団が創立35周年を迎えた。世界はもちろん、韓国のバレエの歴史を導いている彼女に会って韓国バレエの発展提言を聞いてみた。また、最近成功裏に芸術の殿堂で幕を下ろした創作バレエで、今では古典とされた<沈清>と<春香>のレビューも盛り込んだ。


▲ムンフンスク団長プロフィール./


- 人間ムンフンスクは
▶欲がない。どこ乗り出しそんなことをあまり好きではない。子供の頃からの夢がお父さん秘書になることであった。後ろから手助けをしたいしないの前に出るスタイルではないのに、運命が私をこの道に導いた。正直ちょっと静かに編みやして(笑)、そんなスタイルである。
- 東洋人初マリインスキー劇場の舞台に上がった時を思い出すと
▶バレリーナは伝説の舞台である。本当に当時学生時代に最も有名で、世界的なダンサーたちと伝説のアンナパブロワなど伝説的なダンサーを輩出してそのようなダンサーが踊ったりした舞台だったので、バレリーナにとっては聖地のような舞台だ。ロシアの劇場の舞台が韓国とは異なり、舞台に15度の傾斜がされた。平らな韓国の舞台に立つが傾斜でダンスを同体適応するのがとても大変だった記憶がある。1幕でシューズ履いて走る動作があるが、公演前日まで体重が今後集まって(笑)大変だった。そして当時主演との呼吸も良かったカーテンコールが30分間続いジョトオトダ。
- 「ジゼルそのもの」という賛辞をヨーロッパで聞いた
▶ハンガリーダンス専門誌で出てきた好評だったようだ。ハンガリーがオペラバレエの歴史深い見るから私をそう見てくれたようだ。感謝している。以上いくつかの評することができますか!でもそんな評価を受けて、私は本当に世界最高のジゼルと自ら自負したり、そうしなかった。(大きく笑)昔の映像を見ながら、これはより良いはずされ、それよりこうしたらして感じている。


- 舞台に立つダンサーを見ると、いくつかの考えを一つ
▶たまにダンサーがシューズ履いて準備するのを見れば、その時点でなくてもされて本当の幸いだ(安堵のため息)と考えている。今舞台幕上がる5分前の恐怖心の震えは誰でも経験としたのではない。公演するたびに私はなぜバレエをだろうか。今回の公演が終わればすぐにやめると、常に念を押しますが、実際に公演が終わった後、最初に練習室から探す。(笑)今は準備するダンサーたちを見てその苦痛をしない、経験もなくてとても感謝する。しかし、舞台に立つとは別の方法での公演を舞台に上げて、会場の舞台装置、照明、音響、衣装などがもしかして間違ってないかと思い心配している緊張感はまだ客席に座って感じている。
- 芸術経営ムンフンスクはどんな人なのか
▶多くの試行錯誤を経た。だから<グッドグレート(偉大な企業)>のような本も読んで学ぼうとする姿勢、開いた姿勢、メンバーの困難が何なのかを聞いて、またアドバイスも受けて常にそうである。不足していると考えがあるから、その不足を満たそうと常に努力して耳を開いておく。私が大学、大学院を通って経営を学んだことがないので、初心者は明らかであり、常に公の立場で決定を下すことに焦点を置く。すべての人を幸せにすることはできませんが、民心が天心という言葉があるようにした組織内では、その組織の脈拍を感じてみようと努力してきている。そしてバランスの取れた決定を下すときコモンセンスが重要だと考えている。



……


-35年の間バレエ団を引き続き来る原動力は
▶文鮮明韓鶴子総裁が設立した国内初の民間バレエビジョンが「芸術のために芸術を通して生きる人生」ですよ。商業ではなくバレエ団の創立時からの精神であるため、「芸術が私の光出すためではなく、私はその芸術を輝かせるためにアーティストとして渾身の心を込めてすべてのものを投入する精神」、「その次に、その芸術を通し世界をより美しくし、人々が芸術で癒されて、その芸術を通した私世に何か貢献しためであるその精神」が原動力であり、バレエがある理由である。
- 韓国のバレエの発展のために何かを言ってください
▶ヨーロッパでバレエは貴族たちの生活の芸術で開始された。そうだったのが今のバレエは、私たちの生活の芸術に位置し、地方にも良い会場がたくさんできたが、規模が小さくても起動する必要がある。米国は50州に地域バレエがあり、私は身を置いたバレエのいずれかが、ワシントンバレエ団だった団員が21人だった。ニューヨークの別の小規模なバレエは12人である。会場がサポートしたり、市のサポートをして、このような地域のバレエを成長させなければならない。このワシントンバレエ団のような実力のある団体出身者が地域バレエ団団長として、また、大学に入って、学生を養成し、好循環が可能である。


これにより、韓国のバレエが成長することができる。韓国の地域団体も米国のように、最初に起動時のレベルが低い。サポートしてくれて励ましてくれれば、その団体が5年後、10年後、15年後どうなるかな‥‥ 小さな団体は、実際に海外公演を見るがいい。奇抜なアンムジャがあれば。そんな奇抜なアンムジャが誕生されているのも事実は、私たちのような大規模な組織よりも小さい団体が実験的なことをする可能性が大きい。認知度がある団体と小さな団体をサポートする場合、公正は守りながら、別のインデックスがよかった。
- <くるみ割り人形>は、特別な意味があるようだ
▶バレエの入門作品が<くるみ割り人形>である。その公演を見る時は観客席を囲んで見るのが女性と子供だけではなく、父、母、家族全員が見る姿がとても幸せに見える。年末に一年を終えながら、家族単位で感動的な良い時間を過ごすことができる公演を上げることができて、とても嬉しい。新しい観客が入門することができる作品ですので、私たちにとってはとても大きな親孝行商品でもあり、バレエ大衆化にも一役買っている作品である。そして何人かは、毎年年末に来て<くるみ割り人形>を取らなければならない見れば一年を終えることにないとされる。


ムンフンスクユニバーサルバレエ団団長


現ユニバーサルバレエ団団長
現ユニバーサル文化財団理事長
現門学院副理事長
、英国ロイヤルバレエ学校
、モナコ王立学校
米国ワシントンバレエ団
2000年モスクワ国立芸術大学舞踊芸術
の名誉博士号を授与さ
1989年、東洋人初ロシアのマリインスキー劇場キーロフ
バレエ団客員主演(カーテンコール7番)
2000年モスクワ民族会議の名誉親善大使に任命


▶本記事は、立法国政専門誌よりリーダー(the Leader)11月号に掲載された記事です。



にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ



ユニバーサルバレエ団<くるみ割り人形>世界のクリスマスシーズンであれば響く永遠の定番、<くるみ割り人形> (kakaoTVより)